CONTACT TRICKSTER PHOTOGRAPHY TOKYO

mail お問い合わせはこちらから:  tricksterphotography@gmail.com

 

インスタグラム : tricksterwedding

ブログ: trickster wedding blog

写真作品集  : atsukiumeda.com

 

©TRICKSTER PHOTOGRAPHY TOKYO by Wix.com

about trickster photography / 選ばれる理由

    

大切な瞬間を残すのにふさわしいカメラマンは自分で選びたい

 

 

 

こんな経験はありませんか?

 

 

 

友人の結婚式に参列後、式場のカメラマンが撮影した写真を見て、今ひとつだと思った事。

 

 

 

プロに頼んだ撮影。雑誌のようなロマンチックな写真が来ると期待していたのにも関わらず、

古臭い期待以下の写真たち。

 

 

楽しみに心待ちにしていた写真。雑誌やSNSで見ていた思い描いていた写真と違う、こんなはずじゃない!とガッカリした事。

 

 

 

 

僕は沢山の結婚式で撮影されている

カメラマンの写真を見てきました。

 

 

しかしながら、その写真を見て本当に綺麗だと思い、

心を揺さぶられた経験は、ほぼありません。

 

 

 

何故でしょうか?

 

 

残念ながら、プロのカメラマンとはいえ、

皆が上手な訳ではありません。

 

 

むしろ、上手なのはごく一部のセンスと

技術があるカメラマンのみ。

 

 

 

その事実を今まで幾度となく痛感してきました。

 

 

 

だからこそ、伝えたい事があります。

 

 

 


………

 

 

 

 

ほとんどの方は平均20万くらいの費用をかけて、

式場と契約しているカメラマンに撮影を依頼しています。

 

 

当然プロなのだから、美しい写真を撮ってくれるだろうと思いながら。

 

 

その事について、疑問に思うことすらしません。

 

 

しかし、最高の結婚式が終わって写真を見ると、落胆してしまいます。

 

 

 

 

雑誌で見ているような美しい写真じゃない!

 

 

 

今目の前にあるのは、ただ良いカメラで撮られているだけの、平凡な写真。

 

悪くは無いんだけど、なんだか普通の写真たち

 

 

 

よくよく見てみると…

 

 

 

背景がドラマチックにボケた、美しい写真を期待していたのに、背景が汚い。

 

これだと一眼が趣味の友人の撮ってくれた写真と大差ないじゃないか…

 

 

 

そんな経験をお持ちの方が本当に沢山いらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラマンを自分で選ぶべき理由

 

 

 

お願いです。

 

 

ご自身の大切な日を記録するカメラマンは、適当に決めたりしないでください。

 

 

あなたの一生に一度の晴れ舞台です。

 

 

そんな日を記録に残す人は、ちゃんとご自身が責任を持って信頼出来る人に依頼するべきです。

 

 

写真はカメラマンによって全く違います。

 

プロだから誰でも良い訳ではありません。

 

人気のある方は、それなりの理由があります。

 

 

 

式場と契約しているカメラマンの現状とは?

 

 

結婚式場と契約しているカメラマンにそのまま依頼した場合、

そのカメラマンの方々は、あらかじめ決められたポーズで、指定された通りに、

なぞるように撮って行く、いわば「記録係」です。

 

その人のセンスを発揮して作品を作り上げる事は許されていません。

 

自由に、アーティスティックな感性で撮影しようとすると、注意されてしまいます。

何故なら、お客様にあらかじめアルバムを見て、こういう写真を撮りますという事を説明している以上、それをなぞっていく以外の事は基本的には行いません。

 

結果、皆が没個性的になり、同じような構図、同じような古臭い写真が量産されます。

 

彼等は職業カメラマンであり、アーティストでは無いのです。

 

思い描いているようなドラマチックな写真が出来上がる事は、ごくごく稀です。

 

                 

 

では、良いカメラマンとはどんな人?

 

 

 

プロだから誰に任せても安心、どうせ大差無い…と思われるかもしれませんが、

出来上がる写真の品質は、カメラマンによって全く違います。

この事を、よく覚えておいて下さい。

 

どれだけ式にお金をかけても、残るのは写真だけです。

その唯一残る「写真」にこそ拘るべきです。

 

こればかりは、料金が高ければ良い物ではありません。

ご自身で、きちんと信頼出来るカメラマンを選ばない限り解決出来ません。

 

価格は、全く参考になりません。

 

 

費用に関して

 

結婚式の写真の料金は決して安い金額ではありませんが、

本当に気に入った写真であれば高く感じる事は無いと思います。

 

何故なら、それは一生の思い出になるからです。

 

しかし、もしもそこで気に入らない写真しか残らなければ…

本当に気に入った物であればお金は払えるかもしれませんが、

要らない物は1000円でも高く感じますよね?

 

決して安い買い物ではありません。よくよく考えてみて下さい。

 

TRICKSTER PHOTOGRAPHYは以下の事を保証します。

 

 

 

1.類い稀なセンスと腕を持つカメラマンが全身全霊をかけて撮影、そして美しく後処理をします。

 

 

2.極上のフルサイズ一眼カメラと、至高の名レンズ、

Carl Zeiss等で撮影し、現代最高のクオリティをお約束します。

 

 

3.カット数無制限です。時間内であれば、何カットでも撮影させて頂きます。

 

 

 

まず作品を見て判断して下さい。

 

 

 

「あ、この人に撮ってもらいたい!」と思って頂ければ、

まずはお気軽にご連絡下さい。

 

 

持てる力の全てを発揮し、その期待にお応えします。

 

サブカメラマンという考え方

 

式場の契約カメラマンでしか入れない場所があるから、その方にお願いするしかない。

 

その人と契約しているから、二人も必要無い

 

………

 

本当にそうでしょうか?

 

 

 

 

 

もしもその契約カメラマンの実力が大したことが無かった場合、

結婚式をやり直すことは出来ません。

 

 

その日は、後悔しても帰ってこないのです。

 

 

もしもそのカメラマンの腕が悪かったら、終わりです。

 

 

 

 

美しい写真の価値は、何にも勝ります。

 

その瞬間が大切なものであればあるほど。

 

 

 

 

 

僕は2人目のカメラマン、すなわちサブという立場でも

メインの方以上に美しい写真を撮影することをお約束します。

 

 

​​​

例え式場の契約カメラマンしか入れない場所、撮影出来ない時間帯があっても、

それ以外の時間と場所で心を揺さぶる写真を撮影することは十分に可能ですし、

今まで実際そうしてきました。

 

 

 

 

一生で一番重要な結婚式の写真で失敗するリスクを背負うくらいならば、

保険のつもりでご依頼下さい。

 

2人目のサブカメラマン、そのような立場であっても

全力で撮影することに何ら変わりません。

 

 

それに… 美しい写真は何枚あっても良いものです。

 

 

 

是非、僕に任せて下さい。あなたの大切な瞬間を。

 

 

 

 

貴方の最高の瞬間に立ち会えることを、心から楽しみにしております。

 

 

 

TRICKSTER PHOTOGRAPHY photographer Atsuki Umeda